<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
春の訪れで久しぶりに訪問、思うこと....
c0018516_1021485.jpg

チナと久しぶりにトレールに来た....
長かった冬もようやく終りが見え、久しぶりにBMXライドでも楽しもうって高速飛ばし関東近県のとあるトレールにやって来た。
青い空に風も無く、気温も上昇し絶好のBMX 日和。
こうして子供とBMX トレールに足を延ぶのも後何回あるのだろうか....

思えば今日、一緒に来たチナは2歳からBMXレースを始め、リタも3歳からなのでかれこれ15年になるのである。僕自身が自転車に興味を持ちMarikoさんも始め、家族でライド出来れば楽しいだろうって取り組み始めた。一緒に乗れればからいつの間にかレース、レース、我が家のライフスタイルも大きく変化していった。北は岩手九戸から南は広島。毎月毎月、多い時は毎週何処かへ遠征の日々、車中泊も日常化していった。遠征だけでなく、当然レースな訳で勝ち負けにも拘る様になっていった。凝り性の僕は、更に勝つ為との理由でパーツの細部にまで凝り始め我が家の家計を圧迫させてった。家計を預かるMariko さんは日々苦悩しながらもこれが我が家のスタイルと楽しむ努力をしていた。
「そこまで深くやる必要が有るのだろうか」....
何度これに付いて話をしただろうか....
それでもレースをしている事で共通の話題で会話が出来たし、頻繁に出掛ける遠征でその場所の美味しい物を頂いたり、何より一緒にやってる仲間たちとワイワイやれていた事が楽しかった....
しかし、実はその裏にある本質を見失っていた事にいつの間にか気付かずにいたのである。
Mariko さんは、気付いていた....
"型にはめられ"実は"自分達で想像し行動する"ことを忘れさせてしまっていたことを....
"親主導の生活"....
彼女は何度もこの事を言っていた。

Marikoさんの病気を機に我が家も少しづつスタイルが変化していった。
当然である。生きていく事を必然的に目の当たりする訳で心の変化を一人一人が深く考えていくことになったからだ....
新たな物に触れ自分なりの思考をもつ様になっていく....

レース生活に少しづつ距離を置き、それぞれが思う形でスタイルを作り始めた....

この15年、BMX を通じ....
Mariko さんも最後に「楽しい時間だった」と言葉を残して逝った。
でも、もっと早く彼女とも別なスタイルも入れ、交え時間を過ごせて居れば良かったなって後悔している。もちろん過ぎた時間は全力投球してきたのは事実だし楽しかった。沢山の素敵な人達に出逢えた事もとても大きかった。感謝、感謝で言葉では返せない気持ちでいっぱいである。

今年はリタが高校3年生、チナが中学3年生。いわゆる受験生なのである。当然今年は僕も彼らと受験生活を共にしていかざるを得ない。この1年はちょっと生活リズムも変わるだろう....

そしてまた、地元上越で毎年開催してきた"BMX レースの御祭、チャレンジカップ"が10年目。
10年やってこれた。応援してくれた僕の会社には本当に感謝している。その支持して頂いた役員が先日勇退された。会場にも足を運んで頂き子供達の走りを応援して頂いた事もある....
こちらも一つの節目の年になる。

良い機会なのだろうな....

こうしてチナとトレールに久しぶりに訪れ、春の風を受け、彼のライドを見ながら....
もう十分なのかなって思った....
2人が乗りたい時は喜んでトレールやレースコースへこれからも運ぼうって思いますが....

新しいライフスタイルも出来て来ました....
新しい人達との出逢いも増えて来ました....

BMX は楽しいスポーツです。
面白いスポーツです。

15年間に感謝であります、ありがとうございました。
このblogの大半はBMX生活の様子が記されています。
最近は、blog更新が間々なら無くなり数ヶ月に1回程度になってしまいました。BMXについて書くのは最後の"チャレンジカップ”をもって締めたいと思います....
by rastamanbmx | 2011-02-27 10:21